耐水性粘土って何?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

耐水性粘土というのは、文字通り耐水性を持った粘土のことです。

耐水性粘土とは


引用:http://item.rakuten.co.jp

紙粘土が水に弱いことはよく知られているかと思いますが、基本的に粘土というのは水に弱いものです。
だからこそ、耐水性ニスなどで仕上げをするのです。
しかしながら、耐水性粘土であればまさに耐水性を兼揃えた粘土だからこそ水にも強いというわけです。
せっかく仕上げた作品にうっかり滴が飛んでしまって、にじんでしまったということもありません。
うっかり濡れた手で触ってしまって、作品が溶けたようになってしまうということもありません。
耐水性のニスは仕上がりをよくするために使うという方も多いでしょうが、もし耐水性だけを求めてニスを使っていた方であればニスを使う必要性もなくなります。
硬化させてそれで完成となりますので、すぐに作品が仕上がります。

耐水性粘土で作るのに向いている作品


引用:http://www.shimamoto.co.jp/

耐水性粘土で作るのに向いている作品ということですが、基本的に耐水性粘土は何にでも使うことができます。
ストラップやキーホルダー、イヤリング、ピアス、ネックレス、ヘアピン、オブジェ、置物など何にも利用できるでしょう。
濡れた手で触る可能性があるもの、水気のあるところに飾るものでも安心です。
透明感のある耐水性粘土であれば、ゼリービーンズやゼリー、フルーツなどにも向いています。
透明感のないマットな耐水性粘土であれば、チョコレートやマシュマロ、ケーキ、タルトなども作れるでしょう。また、植木鉢のカバーとして利用することことも出来ます。

耐水性粘土を扱う上での注意点

耐水性粘土を扱う上での注意点ということなのですが、まず挙げられるのは防水ではないという部分です。
というのも、耐水と防水は別ものです。
水に耐性があるだけであって、長時間水の中につけておいてもOKというわけではありません。
耐水と防水を混同しないようにしておきましょう。
また、耐水性粘土の場合、絵の具との相性も考えなければいけません。
水彩絵の具で色つけをしようと思っても、水を弾いてしまって着色できないということもあるのです。
耐水性というのは耐水性粘土の強みでもありますが、耐水性だからこそ気を付けなければいけないこともあるのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

プリスイーツ協会最新情報

フェイクスイーツ(デコスイーツ)と、美しく可憐なプリザーブドフラワーが1つの作品で楽しめるのがプリスイーツ。
プリスイーツをお家に飾れば、お花を飾った時の華やぎとスイーツを見た時の「わぁ!」と心躍る瞬間が同時に、しかもずっと味わえるのです。

「きれいなお花に囲まれて生活したいけど、手入れが面倒」
「テーブルいっぱいに美味しそうなスイーツを並べて眺めていたい」
そんな願望や空想を実現することができるなんて、まるで夢のよう。そう、プリスイーツは夢を叶えてくれる魔法の技術です。

Facebookにイイネ

SNSでもご購読できます。