軽量粘土って何?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

フェイクスイーツやデコスイーツ等でよく使われる、軽量粘土って?

軽量粘土とは

微小中空球樹脂というものを混ぜて軽量化された粘土です。
自然乾燥で硬化するため、初心者の方にも大変扱いやすいものになります。
乾燥前はマシュマロのようなふわふわとした触感でとても軽いですし、もともとが軽いため、乾燥後もその軽さというのは変わりません。乾燥後でもふわふわの弾力感が残ります。

ただ、強度はありませんので、あまり力強く握ってしまうと破損の原因となります。
強度がないため、強度を必要とする作品には使わないほうがいいでしょう
逆に、強度を必要としない作品であれば、軽量粘土を使うことによって驚くほど軽い作品に仕上げることができます。

軽量粘土で作るのに向いている作品

Sakamoto Mihoさん @sakamotomiho.jp • Instagram写真と動画 (1)

軽いため、身につけるものに使っていくといいでしょう。
あまり触ることのない、イヤリング、ピアス、ネックレスなどのアクセサリー類がおすすめです。
イヤリングなどは、可愛い作品を作っても重みで落ちてしまうということが結構ありますが、
軽量粘土であればある程度大振りなものでも軽いため、落ちる心配もありません。
軽量粘土は淡い色味がひとつの特徴にもなっていますので、マカロンやケーキ、アイスクリームなどを作るのにいいでしょう。
淡い色味だからこそ、リアリティーが感じられますし、優しい印象を与えることができます。
淡い色味と触ったときの感覚がマッチしているのも魅力的です

軽量粘土を扱う上での注意点

軽量粘土を扱う上での注意点なのですが、基本的に軽量粘土には耐水性がありません。
最近では耐水性のある軽量粘土も出てきてはいるのですが、ほとんどが耐水性を持っていないものです。
そのため、必要であればニスなどで耐水性をアップさせていきましょう。
また、軽量粘土においては淡い色味がひとつの特徴でもあるのですが、逆に濃い色というものを出すことができません。
ビビットカラーの作品を作りたいという方であれば、軽量粘土では難しいでしょう。
ペンなどでの着色も可能ではありますが、できることなら色のついた軽量粘土を混ぜ合わせることによって色をつけていきたいところです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。